ソフトウェアのアップデートのメリットとデメリット

###Site Name###

ITの世界において、最新の技術やツールを使うことはステータスとされる部分もありますが、必ずしも良いことばかりとは限りません。
それはハードウェアでもソフトウェアでも一緒のことです。

特にソフトウェアは一度購入すれば無料でアップデートして最新バージョンにできるものも多くあるため、気軽に最新版にすることができます。最新版にすることで新しい機能を使うことができ、処理速度が速くなることもあります。

そういった面ではメリットがあります。

しかし最新版のデバッグは不十分なこともあり、検証が様々な環境で行われていないこともあります。

もし自分が利用しているマシンの環境がチェック不十分であった場合、バグが発生してしまうことがあるのです。

一度インストールしたものを元に戻すのはとても面倒なことです。



ソフトウェアによっては元に戻すことが難しいものもあります。

アップデートが公開された場合、すぐに利用するのではなく、利用している他の人の声に耳を傾けることも大切です。

先にインストールをした人を「人柱」と呼ぶようなこともあるように、ソフトウェアのインストールにはバグが伴うこともあるため注意が必要なのです。

バグが発生した場合は企業は早急に対応を求められることがあります。

コトバンク情報探しに特化した総合サイトです。

軽微なものであれば問題ありませんが、セキュリティー上問題のあるような重度の不都合があった場合、利用継続が難しくなることもあります。
特にOS系のアップデートではセキュリティーに関する修正も多く出ており、大事なデータを守るために慎重にならなくてはなりません。

Nutanixの情報が欲しい方必見です